TOP> 青森県まつりQ&A(八戸三社大祭)

青森県まつりQ&A

八戸三社大祭

八戸三社大祭はいつ開催されますか。

八戸三社大祭は、八戸市中心街を舞台に毎年7月31日~8月4日までの5日間、開催します。
■7月31日:前夜祭 ■8月1日:お通り ■8月2日:中日 ■8月3日:お還り ■8月4日:後夜祭 です。

八戸三社大祭のお還りの楽しみ方は?

8月3日:お還りは、八戸市中心街を27台の山車が運行し、山車の仕掛けが動く様子や神社行列を沿道から鑑賞できます。また、厳かな三神社の行列や、神社行列に参加する虎舞・神楽など多彩な郷土芸能の数々も見ものです。ただし、混み合いますので有料観覧席の購入がおすすめです。

八戸三社大祭の中日の楽しみ方は?

8月2日:中日は、ライトアップされた山車による夜間合同運行は華麗の一言。夜空にきらびやかな山車が浮かび上がり、ライトに照らされながら動く仕掛けが見る人の目を奪います。沿道から鑑賞できますが、混み合いますので有料観覧席の購入がおすすめです。なお、中日は山車のみの運行で、神社行列はありません。 また、長者山新羅神社では文政10年(1827)に始まった「加賀美流騎馬打毬」や徒打毬が古式ゆかしく行われます。

八戸三社大祭の観覧チケットはどのように買えますか。

公益社団法人八戸観光コンベンション協会(TEL:0178-41-1661)にて、窓口販売と電話予約を受け付けていますので、詳しくはそちらへお問い合わせください。

八戸駅近くでお土産を買いたいのですが?

ユートリー(八戸地域地場産業振興センター)がおすすめです。JR八戸駅(東北新幹線・八戸線・青い森鉄道)と連絡通路で直結していて、便利です。

夜の八戸でおすすめはありますか?

中心街の横丁めぐりがおすすめです。古くから港町として栄えた八戸では、漁から戻った海の男たちをもてなす飲食店が発達してきました。2002年、東北新幹線八戸開業に伴って「みろく横丁」が誕生し、今や八戸のシンボル的存在になっています。八戸の横丁文化は市民や観光客、出張で訪れたビジネスマンなどに親しまれています。

八戸三社大祭の山車は何台あるのですか? 大きさは?

27台あります。高さ4.5~10メートル、幅4.5~8メートルです。

八戸三社大祭は文化遺産なのですか?

2004年2月に「八戸三社大祭の山車行事」として、重要無形民俗文化財に指定され、2016年にはユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」に登録されています。

八戸三社大祭のお通りの楽しみ方は?

8月1日:お通りは、八戸市中心街を27台の山車が運行し、山車の仕掛けが動く様子や神社行列を沿道から鑑賞できます。また、厳かな三神社の行列や、神社行列に参加する虎舞・神楽など多彩な郷土芸能の数々も見ものです。ただし、混み合いますので有料観覧席の購入がおすすめです。

  • イメージギャラリー
  • 投稿情報

リンク

  • 青森のうまいものたち
  • 青森県伝統芸能データベース
  • FDA フジドリームエアラインズ
  • 乗っちゃ王国
  • プリンセスクルーズ
  • 青森県観光物産館アスパム
  • おもてなし外国語会話
  • リゾートあすなろ
  • いくべぇの活動日記
  • 青森交通情報
  • 青天の霹靂
  • 奥津軽いまべつ駅 ~津軽中里間バス
  • 青森への旅の予約
  • いいね!あおもり
  • AOMORI CYCLING
  • 青森県旅館ホテル生活衛生同業組合
  • 青森県立美術館
  • 青森県地場セレクトブログ
  • 青森県の暮らしぶりを訪ねる旅
  • 青森いきなり!タクシー旅 コース3
  • かじたん
  • アプティネットスマホサイトが更に使いやすくなりました!
  • 空港定額タクシー
  • 台中市観光旅遊網
  • むつ湾フェリー
  • しもきたTABIあしすと