TOP> オススメ津軽エリア
コンベンションとは
助成金制度
計画から開催まで
開催実績
アクセス
エクスカーション
施設案内
お問い合わせ
太宰治記念館「斜陽館」
五所川原市
太宰治記念館「斜陽館」

明治の大地主、津島源右衛門(太宰治の父)が建築した入母屋造りの建物で、明治40年6月に落成しました。米蔵にいたるまでヒバを使い、階下11室278坪、2階8室116坪、付属建物や今泉を配した庭園など合わせて宅地約…


↓
立佞武多の館
五所川原市
立佞武多の館

大型の立佞武多を制作し保管しているほか、お土産コーナーやレストラン、体験学習室などがあり、五所川原に来た際は立ち寄り必須の観光施設です。有料展示室では大型の立佞武多が常時展示されています。立佞武多の…


↓
津軽藩ねぷた村
弘前市
津軽藩ねぷた村

弘前ねぷたの展示や、金魚ねぷたなどの製作実演コーナーや、津軽焼き津軽綿絵などの見学体験などが出来ます。また、ねぷた囃子や津軽三味線の生演奏もしています。野菜や林檎、お米などの産直販売や、工芸品の販売…


↓
津軽三味線会館
五所川原市
津軽三味線会館

展示室では津軽三味線の歴史や民謡、郷土芸能等を紹介。津軽三味線の生演奏もあり、事前予約でプロから津軽三味線の体験指導(有料)を受けられます。


↓
長勝寺(禅林街)
弘前市
長勝寺(禅林街)

山号は太平山で曹洞宗の津軽家最初の菩提寺で、日光東照宮と並び称される江戸時代初期の代表的な建造物です。津軽家の先祖大浦光信の死後、その子盛信(大浦城主)が亡き父のため享禄元年(1528年)種里(現在の…


↓
津軽伝承工芸館
黒石市
津軽伝承工芸館

【匠の工房(津軽の伝統工芸)】匠の工房は、ひとつひとつに技と伝統があります。職人たちによる実演もあります。工房1・・・「つがるの食」工房2・・・「手焼きせんべい」工房3・・・「津軽塗」工房4・・・「森の…


↓
史跡 弘前城
弘前市
史跡 弘前城

弘前城は、現在の弘前市における弘前公園がそれにあたり、津軽統一を成し遂げた津軽為信(ためのぶ)によって慶長8年(1603年)に計画され、二代目信枚(のぶひら)が慶長15年(1610年)、築城に着手し、翌16年に完成しま…


↓
世界遺産 白神山地
西目屋村 鯵ヶ沢町 深浦町
世界遺産 白神山地

白神山地は、青森県と秋田県にまたがる約130,000ヘクタールに及ぶ広大な山岳地帯の総称で、このうち中心部16,971ヘクタール(青森県側12,627ヘクタール)が1993年12月に鹿児島屋久島とともに世界遺産(自然遺産)に登録さ…


↓
黒石つゆやきそば
黒石市
黒石つゆやきそば

「黒石つゆやきそば」は、昭和30年代後半、黒石市中郷地区にあった「美満寿」で、黒石独自の太平麺で作られた「黒石やきそば」に、つゆをかけたのが始まりだと言われています。その後「黒石つゆやきそば」は、B級ご当…


↓
青荷温泉
黒石市
青荷温泉

南八甲田連峰の櫛ヶ峰から流れ出す青荷渓流は、原生林と滝と急流の変化に富み、青荷温泉は四面が山峡で俗界を離れ「ランプの灯る温泉宿」として、全国的に知られています。総ヒバの浴場「健六の湯」には、男女別の内風呂…


↓
大鰐温泉郷
大鰐町
大鰐温泉郷

約800年の歴史をもち、津軽の奥座敷として古くから親しまれている大鰐温泉は含塩芒硝泉で、神経痛やリューマチ性疾患などに効果があります。そのほか、もやしの栽培や味噌の醸造に温泉熱が利用されるなど、湯治以外のことに…


コンベンションとは
助成金制度
計画から開催まで
開催実績
アクセス
エクスカーション
施設案内
お問い合わせ
  • イメージギャラリー
  • 投稿情報

リンク

  • 青森のうまいものたち
  • 青森県伝統芸能データベース
  • FDA フジドリームエアラインズ
  • 乗っちゃ王国
  • プリンセスクルーズ
  • 青森県観光物産館アスパム
  • おもてなし外国語会話
  • リゾートあすなろ
  • いくべぇの活動日記
  • 青森交通情報
  • 青天の霹靂
  • 奥津軽いまべつ駅 ~津軽中里間バス
  • 青森への旅の予約
  • いいね!あおもり
  • AOMORI CYCLING
  • 青森県旅館ホテル生活衛生同業組合
  • 青森県立美術館
  • 青森県地場セレクトブログ
  • 青森県の暮らしぶりを訪ねる旅
  • 青森いきなり!タクシー旅 コース3