TOPイベント>冬の展示「超性の者達々」
※掲載されている情報について、諸般の事情により変更になる場合がございます。事前に施設・主催者等へお問い合わせください。
冬の展示「超性の者達々」 ふゆのてんじ「ちょうせいのものたちたち」
市町村:青森市

昭和16年、棟方は「題材は、佛さまに類したものがそれまでに多いので、神さまの形をかりてと思い~歴史の上にまだ姿をあらわさない混沌たる世界の人物を板画にしようと思いました」と語り、日本武尊より以前に古事記に現れてくる、日本の最初の者達を《超性の者》と称して描き〈門舞頌〉と題して発表しました。この後、天孫降臨にまつわる天鈿女の命と猿田彦の神との出会いを描いた〈邂逅板画柵〉や、「古事記に由来した誕生の神を網羅した」と棟方が語る〈群生の柵〉などを制作します。
棟方は日本の最初の神々を超性の者と呼んでいますが、必ずしも神に限ったものではなく、いわば人智を超えた能力を持つ者を超性の者と考えていたのでしょう。また、日本ではあらゆるものに神が宿ると考えられています。例えば、富士山はコノハナサクヤヒメが山神として想定されて信仰の対象となっているように、自然を神格化することがあります。
棟方のエピソードの一つとして、風景をスケッチし終えた後深々と頭を下げていたということがよく語られています。棟方は富士山を描くことが多くありますが、棟方の心の中にもこのような自然崇拝があったものでしょう。
冬の展示では古事記に想を得て制作した作品や棟方が超性の者と感じたであろう人物、風景などを描いた作品を主に紹介いたします。
期間
2019/12/10~2020/03/08
会場
棟方志功記念館
住所
青森市松原2丁目1番2号
TEL
017-777-4567
FAX
017-734-5611
お問い合わせ
一般財団法人棟方志功記念館
E-mail
info@munakatashiko-museum.jp
開館時間
・4月~10月 午前9時~午後5時
・11月~3月 午前9時半~午後5時
休館日
月曜日、12月29日~1月1日(祝日及び1月20日・27日は開館)
ダウンロード
チラシ
チラシ
関連キーワード
青森市 棟方志功記念館 版画 油絵 古事記
棟方志功記念館

周辺の観光情報(同カテゴリ)

周辺の観光情報(他のカテゴリ)


  • イメージギャラリー
  • 投稿情報

リンク

  • 青森のうまいものたち
  • 青森県伝統芸能データベース
  • FDA フジドリームエアラインズ
  • 乗っちゃ王国
  • プリンセスクルーズ
  • 青森県観光物産館アスパム
  • おもてなし外国語会話
  • リゾートあすなろ
  • いくべぇの活動日記
  • 青森交通情報
  • 青天の霹靂
  • 奥津軽いまべつ駅 ~津軽中里間バス
  • 青森への旅の予約
  • いいね!あおもり
  • AOMORI CYCLING
  • 青森県旅館ホテル生活衛生同業組合
  • 青森県立美術館
  • 青森県地場セレクトブログ
  • 青森県の暮らしぶりを訪ねる旅
  • 青森いきなり!タクシー旅 コース3
  • かじたん
  • アプティネットスマホサイトが更に使いやすくなりました!
  • 空港定額タクシー
  • 台中市観光旅遊網
  • むつ湾フェリー