TOP歴史・文化>太宰治疎開の家(旧津島家新座敷)
※掲載されている情報について、諸般の事情により変更になる場合がございます。事前に施設・主催者等へお問い合わせください。
太宰治疎開の家(旧津島家新座敷) だざいおさむそかいのいえ(きゅうつしまけしんざしき)
市町村:五所川原市

太宰の長兄・文治が1922年の結婚を機に新築し、津島家では新座敷と呼ばれていました。1945年7月末から1946年11月12日まで太宰が東京・甲府の戦禍から逃れ、妻子を連れ故郷に身を寄せた場所とされています。太宰は、新座敷に暮らしていた1年4ヶ月の間に23もの作品を書き上げており、文豪デビュー後に居宅としていた建物では唯一現存する邸宅です。
住所
青森県五所川原市金木町朝日山317-9
お問い合わせ
白川 TEL・FAX共通 0173-52-3063
開館時間
9:00~17:00
入館料(案内料)
一般500円、小中学生250円(希望者にはガイド有り)
定休日
11月~翌4月の第1・3・5水曜日
​太宰治疎開の家〈旧津島家新座敷〉公式ホームページ

周辺の観光情報(同カテゴリ)

周辺の観光情報(他のカテゴリ)


  • イメージギャラリー
  • 投稿情報

リンク

  • 青森のうまいものたち
  • 青森県伝統芸能データベース
  • FDA フジドリームエアラインズ
  • 乗っちゃ王国
  • プリンセスクルーズ
  • 青森県観光物産館アスパム
  • おもてなし外国語会話
  • リゾートあすなろ
  • いくべぇの活動日記
  • 青森交通情報
  • 青天の霹靂
  • 奥津軽いまべつ駅 ~津軽中里間バス
  • 青森への旅の予約
  • いいね!あおもり
  • AOMORI CYCLING
  • 青森県旅館ホテル生活衛生同業組合
  • 青森県立美術館
  • 青森県地場セレクトブログ
  • 青森県の暮らしぶりを訪ねる旅
  • 青森いきなり!タクシー旅 コース3
  • かじたん
  • アプティネットスマホサイトが更に使いやすくなりました!
  • 空港定額タクシー
  • 台中市観光旅遊網
  • むつ湾フェリー
  • しもきたTABIあしすと