テーマ12 ふれあって感動する〜農作業体験と農家民泊〜 【教科とのかかわり】社会

テーマ12 ふれあって感動する〜農作業体験と農家民泊〜

体験プラン
学習のねらいとその効果
◎季節に応じた農作業を農家の方と一緒に汗を流しながら体験することを通じ、農業の大切さ、食糧や食の大切さ、働くことの喜びと尊さを学ぶ。
◎昼は農作業体験を行い、夜は農家の方と一緒に食卓を囲んで語り合うことを通じ、青森特有の方言や食事など地域に根ざした文化を学ぶ。
◎農家の方との心と心のふれあいを通じ、かけがえのない思い出をつくるとともに、自分自身や家族、友人のことを考え、成長するきっかけとする。
◎食料自給率の低迷や後継者問題などの農業問題や日本の農業の将来について考えるきっかけとする。

町全体で交流をサポート 達者村のグリーン・ツーリズム

 青森県南部地方の拠点・八戸市の西部に隣接する南部町では、水稲や野菜のほか、さくらんぼをはじめとする果樹栽培が盛んです。この地域では、平成5年より農作業体験や農家民泊を意欲的に受け入れ、都市住民との交流によって町の活性化を図ってきました。平成16年には青森県と協働で「※達者村」を開村し、町への長期滞在や定住を見据えた取り組みを展開しています。平成17年にはそれまでの取り組みが評価され、「JTB交流文化賞」や「オーライ!ニッポン大賞内閣総理大臣賞」などを受賞しました。

 受入団体である「達者村ホームスティ連絡協議会」は、農林漁業体験民宿27軒で構成され、100人までの受入れが可能。事故発生時マニュアルの配備、グリーン・ツーリズム賠償責任保険への加入、関係機関と連携した緊急時の連絡体制の確立など、安全・安心面の体制も充実しています。

※「達者」とは、健康で長生きした物事に熟達することを意味し、交流によってお互いが「達者」になろうという想いが込められています。

地域の持ち味を生かしながら豊かな体験の場を提供

 広域で連携した取り組みを行っているのが「三八地方農業観光振興協議会」です。南部町、三戸町、八戸市、田子町、階上町、五戸町が構成員となり、「達者村ホームスティ連絡協議会(南部町)」「さんのへホームステイ連絡協議会(三戸町)」「南の郷ツーリズム協議会(八戸市南郷地区)」「たっこ・ツーリズム受入農家の会(田子町)」「はしかみグリーン・ツーリズム協議会(階上町)」「青森ごのへグリーン・ツーリズム協議会(五戸町)」の農林漁業体験民宿約70軒が、各地域の持ち味を生かしながら最大200人まで受け入れています。また、宿泊だけでなく、日帰りでの体験研修も受入れています。

 十和田市では生産量日本一のにんにくをはじめ、長いもなどの畑作、畜産、内水面漁業、稲作、林業が盛んに行われています。この地でグリーン・ツーリズムを展開する「十和田農業体験連絡協議会」は、20軒で構成され、日帰りで最大100人(民泊25人)までの受け入れが可能です。その他、「七戸町かだれ田舎体験協議会」では日帰り最大50人(民泊36人)まで受け入れが可能です。安全・安心対策はもちろん、おもてなしの心を第一に受入内容の向上・充実に努めています。農作業の後は、農家の方々と一緒に調理した長いも料理などを味わいながら交流を深めます。

メッセージ

青森ごのへグリーン・ツーリズム協議会

 私達の住む五戸町は豊かな自然、農業資源に恵まれた米作りを主としながら、にんにく、長芋・りんご・桃などの農作物を生産しています。また、倉石牛や馬肉、シャモロック鳥も特産物となっています。平成25年に初めて修学旅行生を受け入れました。農業体験を通じて農業の大切さや地域の人々、文化にふれあいながら、豊かな自然や美しい景観の中で皆さんと交流できる事を楽しみにしています。

竹洞兼雄・修子夫妻

メッセージ

南の郷ツーリズム協議会

 私達の住む南郷は、四季折々の食に接することができる、豊かな自然に恵まれている所です。春は山からの贈り物である山菜が豊富で、夏から秋にはブルーベリーをはじめ色々な果物が実り、これらを利用した特産品も多くあります。この豊かな自然の中での農業体験を通して、農業や食の大切さを実感していただきたいと思っています。私達は皆さんと一緒に交流出来ることを楽しみにしています。

会長 藤田建蔵・とわ夫妻
体験プランはこちらから