歴史・文化を学ぶ

八戸市博物館

考古・歴史・民俗・無形資料の4つの展示コーナーがあり、八戸の歴史を総合的に学習できる。

TEL.0178-44-8111

■http://www.hachinohe.ed.jp/haku/

史跡 根城の広場【こちらを参照】

南部師行公により築城され、北奥羽の中心的な役割を担っていた「根城」。発掘調査の成果に基づき、全国で初めて建物などを復原整備した史跡となっている。

TEL.0178-41-1726

■http://www.hachinohe.ed.jp/haku/hiroba.html

八戸埋蔵文化財センター 是川縄文館【こちらを参照】

縄文土器づくりなどの各種体験学習や、国宝「合掌土偶」をはじめとする是川遺跡・風張1遺跡出土品の展示があり、縄文文化を学ぶことができる。

TEL.0178-38-9511

■http://www.korekawa-jomon.jp/

櫛引八幡宮【こちらを参照】

南部氏初代光行公によって創建され、約800年の歴史がある。国宝である2領の鎧兜をはじめ、多数の文化財が収められている。

TEL.0178-27-3053

■http://www.kushihikihachimangu.com

羽仁もと子記念館

日本人初の女性記者で雑誌「家庭之友」「婦人之友」を創刊した羽仁もと子(八戸市出身)の遺品等を展示している。

TEL.0178-24-2232

■http://www.r20.7-dj.com/~hanimoto

長者まつりんぐ広場

平成19年8月にオープンした多目的広場。八戸三社大祭の山車が3台入る多目的施設もあり、山車の見学もできる(期間限定・要事前連絡)。
※八戸三社大祭(7月31日〜8月4日)

 ユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」の1つで、およそ300年の歴史を誇る祭り。国の重要無形民俗文化財に指定されている。三つの神社の神輿行列と最大で高さ10mにもなる豪華絢爛な27台の山車が中心街を運行し、観客を魅了する。

TEL.0178-43-9141(代表)(八戸市公園緑地課)


ページの先頭へ

産業を学ぶ

VISITはちのへ「ユートリー」【こちらを参照】

水産加工品から伝統工芸品まで、八戸市周辺の特産品がずらりと並んでいる。2階では南部裂織や南部菱刺しの体験もできる。

TEL.0178-70-1110

■http://www.youtree.com

北日本造船(株)

国内はもとより、海外の船主からの発注も多く、ケミカルタンカーを筆頭に、多種多様の船舶を年間10隻前後提供している。船舶の製造過程を見学可能。

TEL.0178-24-4171

■http://www.kitanihonship.co.jp

八戸市魚市場(第1・2・3魚市場)

八戸漁港は全国有数の水揚げを誇り、特にイカの水揚げは日本一。早朝は様々な魚が水揚げされる様子が見られるほか、日中でも施設内を見学することができる。
※第2魚市場は、施設更新のため、現在施設内見学を中止しております。

TEL.0178-33-2115(八戸市水産振興課)

■http://www.city.hachinohe.aomori.jp/

ページの先頭へ

自然を学ぶ

八戸市水産科学館マリエント【こちらを参照】

八戸近海の魚やアオウミガメが泳ぐ大水槽磯の生き物に触れられるタッチ水槽がある他、地球深部探査船「ちきゅう」の展示コーナーがあり、海や地球の不思議を学ぶことができる。展望室からは八戸港と太平洋を見渡すことができる。

TEL.0178-33-7800

■http://www.marient.org

種差海岸【こちらを参照】

蕪島から南東へ伸びる約12kmの海岸線。天然の芝生が波打ち際まで広がる「種差天然芝生地」や、貴重な鳴砂の砂浜である「大須賀海岸」など変化に富んだ海岸線であり、春から秋にかけては約650種類もの高山植物や海浜植物が咲き乱れる。

※自主研修の際には、「種差海岸音声ガイダンスシステム」を利用すると便利。海岸内の10箇所のビュースポット付近で、FM電波を利用して各所の説明を流しており、携帯ラジオ等で聴くことができる。場所によっては八戸ゆかりの著名人からのメッセージも聴くことができる。(携帯ラジオは市内4箇所で貸し出ししている)

種差海岸インフォメーションセンター

三陸復興国立公園の種差海岸及び階上岳地域を中心とした自然・文化の展示・解説、自然や人とふれあう体験プログラムや学習プログラム、みちのく潮風トレイルやガイドの紹介、季節の旬な情報の提供をしている。

TEL.0178-51-8500

■http://tanesashi.info/

蕪島【こちらを参照】

ウミネコの繁殖地で、国の天然記念物。営巣の様子を間近で観察できる国内唯一の場所。3月上旬から8月上旬にかけて約3〜4万羽のウミネコが島を埋め尽くす。

TEL.0178-70-1110(VISITはちのへ)

■https://hachinohe-kanko.com/special/kabushima-area

八戸港観光遊覧船「シャーク号」

鮫の形をしたユニークな船で八戸港を約1時間かけて周遊する。工業地帯や八戸港一帯を海から眺めることができ、蕪島付近ではウミネコと触れ合うこともできる。
※運航期間4月下旬〜10月下旬

TEL.0178-24-0489

観光遊覧船「はやぶさII」

八戸港を約40分かけて周遊する。八戸港をウミネコと一緒にクルージングすることができる。

TEL.090-7332-9515

山の楽校【こちらを参照】

廃校となった小中学校を利用した体験交流施設。地元住民と触れ合いながら、そば打ちや豆腐・味噌づくりなどの田舎暮らしを体験できる。

TEL.0178-82-2222

■http://www.yamanogakkou.com/

グリーンプラザなんごう【こちらを参照】(道の駅なんごう)

地場産品の直売所、レストラン、宿泊施設と充実。周辺には運動施設や図書館、観光農園といった多くの楽しいが魅力。

TEL.0178-82-2902

■http://www.michinoeki-nango.com



八戸ポータルミュージアムはっち 是川縄文館

▼クリックで拡大表示します▼

ページの先頭へ


モデルコース

自主研修のバックアップ体制

種差海岸遊覧バス
「ワンコインバス・うみねこ号」

JR鮫駅からJR種差海岸駅の区間でワンコインバス(100円)を運行しています。蕪島や種差海岸の散策に便利です。

日曜朝市循環バス
「ワンコインバス・いさば号」

4月上旬から12月下旬までの毎週日曜日、市内の各朝市を巡るワンコインバス(100円)を運行しています。

■お問い合わせ/八戸市交通部運輸管理課 TEL0178-25-5141(代)

■http://www.city.hachinohe.aomori.jp/bus/index.html

八食センター
「100円バス」「200円以下バス」

八戸駅と八食センターを結ぶ「100円バス」、八戸中心街と八食センターを結ぶ「200円以下バス」は、八食センターのご利用に便利です。

お問い合わせ先

VISITはちのへ

TEL.0178-70-1110

■https://www.visithachinohe.com

はちのへ総合観光プラザ

TEL.0178-27-4243