奥津軽エリアへ


奥津軽で体験可能な施設(各施設の料金は変更となる場合があります。要問合せ。)


立佞武多の館

〒037-0063 五所川原市大町506-10
TEL:0173-38-3232(代表) FAX:0173-38-4646
ホームページ http://www.tachineputa.jp/
営業時間 4〜9月/9:00〜19:00、10〜3月/9:00〜17:00

立佞武多の館では、立佞武多祭りに出陣する大型立佞武多を常時格納・観覧できるほか、新作立佞武多の製作体験、津軽の民工芸の製作体験、五所川原ネプタのお囃子の練習など様々なイベントが行われます。

■遊楽工房「かわらひわ」で青森の民芸品をつくってみよう!(有料)

◎金魚ねぷた(箱付)/60〜90分
◎団扇 /45〜60分

■立佞武多製作所 本物の立佞武多の紙貼り体験をしてみよう!(無料)

本物の立佞武多の製作を見学したり、実際に紙貼りの体験を行うことが出来ます。体験終了後には「立佞武多紙貼り証明書」がもらえます。

金山焼『陶芸教室 ちゅうばち』

〒037-0011 五所川原市金山字千代鶴107-4
TEL:080-8488-2485
ホームページ https://yakimonoya3.localinfo.jp

金山焼 手びねり陶芸体験

薪窯で焼き上げる金山焼の手びねり陶芸体験。やきものの原点とも言える薪窯で焼き上げる、焼締めの技法を使った金山焼を作ります。

◎受付期間/通年
◎所要時間/60分
◎体験可能時間/応相談(通常10:00〜15:00)
◎体験人数/1回あたり1〜100名
◎料金/中学生まで1,180円
    教育旅行生の場合、1,080円
    手ロクロ使用可

太宰治記念館「斜陽館」

〒037-0202 五所川原市金木町朝日山412-1
営業時間 9:00〜17:30(10月〜3月は9:00〜17:00)
TEL:0173-53-2020
ホームページ http://www.kanagi-gc.net/dazai/index.html

■太宰治「歩けメロス」プラン

津軽鉄道「金木駅」を出発し、太宰の作品「走れメロス」のクイズをひも解きながら街の中心部にある太宰治の生家「斜陽館」へと向かっていきます。若かりし太宰も歩いた走れメロスロードを歩いて巡ります。

■太宰治記念館「斜陽館」見学

「歩けメロス」体験後は、太宰が生まれ育った津軽の豪邸「斜陽館」を見学します。館内には太宰が着用していたマントや羽織袴、太宰が執筆した原稿や初版本、家族にあてた手紙などの約600点の貴重な資料が収蔵されています。
◎所要時間:20〜40分
◎ご予算: 「歩けメロス」プランと斜陽館の見学セット 小・中学生350円、高校生450円
※オプションで津軽三味線会館の見学もお楽しみいただけます。演奏の都合がありますので予めお問い合わせください。

津軽鉄道

津軽鉄道株式会社
〒037-0063 五所川原市字大町39番地
TEL:0173-34-2148  FAX:0173-34-2149
ホームページ http://tsutetsu.com/

津軽鉄道線は津軽五所川原駅から津軽中里駅区間、約20.7kmを走る日本最北の民間鉄道です。
津軽鉄道では季節ごとに様々なイベント列車を運行しています。車窓から青森の四季折々の景色を楽しむことが出来ます。

◎ストーブ列車/期間12月1日〜3月31日
◎芦野公園さくらまつり/期間4月下旬〜5月上旬
◎風鈴列車/期間7月1日〜8月31日
◎鈴虫列車/期間9月1日〜10月中旬