3.スタディツアーのご紹介

青森県で最も人口が少ない西目屋村で活躍する伝統産業 地域のブナを活用してインテリア雑貨を作るBUNACOから、地域と地域産業が共に成長する形を考えるツアー

現場 ツアー情報

西目屋村を含めた広域に広がる白神山地のブナ林。ブナは水分含有量が多いため建材に適さず、多くは焼却処分されてきましたが、これまでにない斬新な製法によって、美しい木工品へと活用することに成功したのが本ツアーで訪れるBUNACO株式会社です。ブナの木を薄く巻いたものをずらす製法によって、ティッシュケースや皿、照明のかさなどを作り、高級インテリア雑貨として国内外のインテリアショップへ卸しています。工場があるのは、青森県で最も人口が少ない西目屋村。「捨てられてしまうものをリサイクルする」というBUNACO株式会社のコンセプトに沿い、廃校になった小学校をリノベーションして作られた工場には、カフェやギャラリー、ショップが併設され、誰でも自由に見学できるようになっています。このような工場は度々メディアに取り上げられ、白神山地でのトレッキング前後を使い、見学に訪れる観光客が少しずつ増えてきました。ほかにも、BUNACOの職人を志望して他県から移住してくる若者がいるなど、BUNACO西目屋村工場を中心として、地域に少しずつ賑わいが生まれています。

本ツアーでは、青森県内で最も人口が少ない自治体となった西目屋村を舞台とし、西目屋村の代名詞である白神山地ならびにブナの特色を活かした地場産業が、過疎化を抱える地域とどのように成長していくか、その未来を考えます。

ポイント

行程

お問い合わせ先

青森県誘客交流課

〒030-8570 青森市長島1丁目1-1

TEL.017-734-9384