(1位~10位)

人気動画ランキング ザ・ベスト10
のっけ丼(まるごと青森)
2010.11.24 | 再生回数 7256 回
青森市の古川市場(青森魚菜センター)では、自分の好きな具を好きなだけ買い、自分だ­けのオリジナル丼をつくる「のっけ丼」が食べられます。
詳細を見る
三忠食堂の津軽そば
2011.01.21 | 再生回数 6598 回
三忠食堂さんは100年以上もの歴史を持つ「百年食堂」のひとつです­。森沢明夫さんが執筆した小説「津軽百年食堂」のモデルのひとつになっており、201­1年4月公開の映画「津軽百年食堂」の舞台となりました。三忠食堂さんの津軽そばは、創業当時から変わらぬ昔懐かしの津軽の味。そば粉と大豆粉だけの麺、焼き干しと昆布を使ったダシの津軽そばは、普通のそばとまったく違う食感です。毎年春に行われる弘前城桜祭りに出店し、春の風物詩になっています。三忠食堂 弘前市和徳町164 電話0172-32-0831
詳細を見る
風間浦活あんこう
2010.11.17 | 再生回数 6435 回
風間浦村の「活あんこう」の様子です。本州最北端の大間町の東隣にある風間浦村では、深海魚であるあんこうが生きたまま水­揚げされています。あんこう漁が行われるのは11月から6月まで。地元では、ほかでは滅多に味わうことの出来ない「あんこうのお刺身」を食べることも出来るのです。
詳細を見る
高橋竹山ゆかりの地めぐり(その3)
2011.03.15 | 再生回数 4720 回
三味線の名人、高橋竹山の生誕100年のメモリアル企画として2010年12月24日、竹山ゆかりの地をめぐるバスツアーが開催されました。ガイドを務めるのは、孫の高橋哲子さん。途中、最後の弟子、竹童さんもサプライズで生演奏を披露してくれるなど、県内外から集まったファンは竹山の世界を堪能しました。映像は竹山記念資料室での様子。竹山を世に出した音楽プロデューサー佐藤貞樹さんの妻の陽子さんから、竹山に関する様々なお話を伺いました。コースは、青森駅→東福寺→平内町歴史民族資料館→竹山記念資料室→昼食→ホタテ広場→青森駅〈初代高橋竹山生誕100年特別展「高橋竹山とその生涯」〉 2010年6月19日-2011年3月31日(9:00-16:00) 平内町歴史民族資料館 青森県東津軽郡平内町小湊字小湊79-3 電話番号017-755-2565 入館料 無料
詳細を見る
下北の郷土料理”べこもち”作り体験ができるらしい
2012.07.03 | 再生回数 4554 回
下北地方に伝わる郷土料理「べこもち」はもち米とうるち米で作られ、色づけされた 生地を組み合わせて文様や花といったかわいらしい絵柄もあるのが特徴です。 そんなべこもち作りを、東通村にある「たべもの工房 来美里」にて体験!!はたし てその出来ばえは!?
詳細を見る
佐井村には絶叫するお祭りがあるらしい
2013.02.07 | 再生回数 4288 回
下北半島西部に位置する佐井村。そこに「牛滝」という小さな港町がある。魅力ハン ターに寄せられた情報によれば、なんでも「叫ぶ祭り」があるという。一体全体「叫 ぶ祭り」とはいかなるものなのか!? 時刻は午後9時。 牛滝の神明宮に集まる村人たちと、お膳。いよいよ舞台が整った!そこで、魅力ハン ター目にした光景とは!
詳細を見る
南部縦貫鉄道
2010.11.17 | 再生回数 4222 回
南部縦貫鉄道のレールバス運行の様子です。2002年に廃止された同鉄道ですが、愛好­会の手により、毎年5月にレールバス運行イベントが開催されています。
詳細を見る
日本初!シラウオの踊り食いができるお店があるらしい
2013.03.11 | 再生回数 4217 回
網にかかっただけで死んでしまうほど極めて繊細な魚シラウオ(白魚)。 東北町が有する小川原湖で獲れるシラウオは全国漁獲量の7割を占め、日本一を誇っ ています。 しかし繊細な魚であるがゆえに、活魚として流通させるのは不可能だと言われてきま した。 そんななか、地元の特産を活かした町づくりがしたいという想いから、約25年もの 歳月を費やし、ついに日本で初めてシラウオを活かす技術を確立させたのが今回お邪 魔した「居酒屋れすとらん えび蔵」店主の蛯名 正直さん。 日本で唯一、ここでしか食べることのできない ”シラウオの踊り食い” を魅力ハン ターが体験! 蛯名さんのインタビューと合わせてご覧ください。
詳細を見る
特別史跡三内丸山遺跡 - 地下に真実 地上にロマン
2014.01.03 | 再生回数 3943 回
青森市にある「特別史跡 三内丸山遺跡」は、縄文時代の人々がおよそ1000年の間定住したと言う、大規模な集落跡です。今も発掘が続けられている遺跡では、土器や土偶、アクセサリーなど数々の遺物が発見されています。中でも人々を驚かせたのが、直径2mの大きな穴。6つある穴には、それぞれ直径1mのクリの木が埋められていました。後の調査で、高さ約20mの巨大な柱が建てられていたことがわかっています。では、その柱は一体なんのために建てられたのか。縄文時代の暮らしとはどのようなものだったのか。ガイドさんのお話と、地中に埋まっていた遺物から、まだ見ぬ縄文時代の生活に思いをはせます。
詳細を見る
弘前マダムとデートせよ(弘前街歩きシリーズその8 亀屋革具店編)
2011.05.06 | 再生回数 3786 回
弘前のガイド団体「ふれ~ふれ~ファミリー」の一條敦子さんと弘前市内を案内します。亀屋革具店さんは、1915年(大正4)創業。1枚の皮から作るバッグやカバンが大人­気で、3、4か月待ちの状態です。切断から縫製まですべて手作業で作る商品は、丈夫で長持ち。「壊れないのが逆に悩み」というくらい頑丈です。その素晴らしい品質から、「東北のエルメス」とも呼ばれています。亀屋革具店 弘前市一番町24 電話0172-32-2077
詳細を見る
おすすめ動画一覧へ
チャレンジ動画一覧へ

新着動画

再生回数2387回
アンジーとリッチーが行く!『日本一のおいらせ鮭まつり』
2014年03月26日
再生回数1872回
冬を駆け抜けるストーブ列車 - 津軽鉄道
2014年03月26日
再生回数1910回
耳でもおいしい「七子八珍のCD」 - 七子八珍めしあがれ .
2014年03月26日
再生回数1994回
料理人が変えた”海のやっかいモノ” - 隠れた高級珍味フジツボ(青森市)
2014年03月25日
再生回数2561回
白む山並み、白き神 - 世界自然遺産白神山地 .
2014年03月25日

まるごと検索

地域で検索
市町村で検索
カテゴリで検索
サイトマップ | サイトポリシー