青森県全域の情報をいち早くお届けします! 青森県観光情報サイト アプティネット

TOP>とことん青森2010[縄文×jomonismArt展]

とことん青森2010[縄文×jomonismArt展]

とことん青森2010
とことん青森2010トップへ戻る

縄文×jomonismArt展
芸術的な青森土偶が立体写真で楽しめる3D写真展や「縄文文化」に影響をアーティストたちの作品展などを開催。
また、学生アートコンテストも同時開催し、どっぷりと青森の縄文アートに触れ合える空間を提供します。

  【開催日】
  2010/1/23(土)~24(日)
  【開催時間】
  11:00~19:00
  【会場】

  エコファームカフェ632(2F)
  住所: 渋谷区神宮前6-32-10 ピアザ・アネックス1F
  電話: 03-3498-0632

  【内容】
  縄文×jomonismART展は、青森の縄文遺跡とそこから出
  土した土偶を紹介する展示スペース:1 「縄文ギャラリー」と
  縄文文化に触れインスパイアーを受けたアーティストの作品
  を紹介する展示スペース:2 「jomonismギャラリー」の2コー
  ナーで展開します。
  縄文時代を今に伝える土偶と、今の時代を生きるアーティス
  ト各々が感じて創作した作品。
  今も昔も変わらず時代を超えて共通するものを、作品を通し
  て肌で感じ取ってみてください。




展示スペース:1
「縄文ギャラリー」


多様な姿かたちをする土偶は「祈りの造形」とも称され、縄文時代の人々の精神世界や信仰のあり方を具現化した芸術品として世界的に高い評価を得ており、その直感的な造形は現代アートに通じるものがあります。
青森県内各地の縄文遺跡から出土した土偶等を平行法による3D写真ギャラリーで紹介します。
土偶の芸術美を3D写真の大迫力でお楽しみください。

※土偶は、イギリスの大英博物館で2009年10月~11月まで開催された特別展「THE POWER OF DOGU」でも人気を博し、現在、東京国立博物館にて大英博物館帰国記念「国宝 土偶展」を開催中です。


 展示スペース:2
「jomonismギャラリー」

  ※イメージボード

自然と人間の共生により、何万年という期間を豊かに暮らしていた「縄文文化」に興味を持ち、「縄文遺跡」及び自然遺産「白神山地」へ何度も足を運び、創作のインスピレーションを得た絵本作家あいはらひろゆき氏“作”と、下田冬子さん“絵”による最新作絵本『クックル~ひかりのみち(仮)』を紹介します。
今回は、その原画の展示と先行映像作品の初のお披露目となります。


映像作品は「やわらか戦車」「モフモフ」等のアニメーション・プロデュースで高い実績を誇る(株)ファンワークスが、来春の出版に先駆け先行で発表します。
映像監督に井上雪子さんを起用し、絵本の世界観をさらに広げファンタジー色豊かに映像表現していきます。


■■■ 絵本作家プロフィール ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

絵本作家
あいはら ひろゆき氏

1961年、仙台市生まれ
早稲田大学第一文学部卒
キャラ研 代表取締役社長
東京大学大学院情報学環 特任研究員

大手広告代理店を経て、2000年7月株式会社バンダイ入社。
バンダイキャラクター研究所所長として、キャラクターに関する調査研究を行うとともに、ロングセラーキャラクターの開発育成に従事。
自らストーリーも手がける「くまのがっこう」シリーズは、日本の絵本キャラクターとしては異例の100万部を超す大ヒットとなり、フランスをはじめ海外にも進出している。


絵本作家
下田 冬子さん

1980年、静岡県生まれ。幼少時代をドイツで過ごし、その後東京都在住。

東京藝術大学美術学部デザイン科卒業、同大学大学院美術研究科修士課程デザイン専攻修了。

2005年の在学中に、第11回新風舍えほんコンテストにおいて、応募総数3184点のなか、「つきのわこぐま」で大賞を受賞。

現在は、絵本制作やイラストレーション、グラフィックデザインなど幅広く活躍中。

絵本に「つきのわこぐま」(新風舍)、「かげのとりかえっこ」、「えがおがいいね」(共に鈴木出版)などがある。

 

■■■ 映像作品 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



映像プロデュース
株式会社ファンワークス(代表取締役 高山晃氏)


インディーズアニメのビジネス支援を目的に株式会社ファンワークスを設立。
キャラクター、アニメ、インターネット、パブリシティなどを有機的に融合して、「やわらか戦車」・「モフモフ」・「東京オンリーピック」・「杉並区・なみすけ」等、数々のプロジェクトをプロデュース。

「やわらか戦車」にて、文化庁メディア芸術100選エンタテインメント部門1位、
2007年総務省AMD AWARD Best Visual Designer賞、2006年WEB OF THE YEAR話題賞2位などを受賞。


アニメーション監督
井上 雪子さん


広島県出身
広島市立大学美術学部 
デザイン工芸科視覚造形専攻卒

【主なお仕事】
アニメーション
・NHK「みんなのうた」
「TOFU」、「夢をかなえよう」、「あさなゆうな」
・NHK「えいごであそぼ」
「HOW DO YOU DO?」、「Musical Months」
「カラーカラー」
・角川つばさ文庫 CM
・フジテレビ「SMAP×SMAP」ブリッジ制作
・CS放送「ソラマド」オープニングムービー
・フジテレビ少年タケシ「オムツてんてん」など

アニメーション監督“ソエジマヤスフミ”氏と3Dモデリングディレクター小林武人氏による新作アニメーションを発表します。

※写真はイメージです。


CGI・アニメーション監督
ソエジマ ヤスフミ氏

武蔵野美術大学造形学部油絵科卒業
株式会社セガ・エンタープライゼス(現:株式会社セガ)等ゲーム制作を経て1999年より株式会社ゴンゾ・ディジメーション(現:株式会社ゴンゾ)で、3DCGIチーフ/アートディレクターを勤める。
TVアニメ『LAST EXILE』でのCGIディレクションのほか、『ANIMATRIX』、『Final Fantazy:Unlimited』、『岩窟王』などがある。
ミュージックビデオ作品にDreamtheater『Forsaken』、Perfume『ポリリズム』・『love the world』など。
縄文時代にインスパイアされた作品『火男(ヒョットコ)』は、NHKのショートアニメーション番組「アニ・クリ」で放映され話題に。


小林 武人氏
(こばやし たけと)

慶応義塾大学環境情報学部卒業
東京工科大学クリエイティブ・ラボを経て2001年より株式会社ゴンゾ・ディジメーション(現:株式会社ゴンゾ)に就職。
TVアニメ『LAST EXILE』等でモデリングディレクションを担当。
その後、独立しフリーランスデザイナーとしてTVアニメ『岩窟王』、『スケアクロウマン』ミュージックビデオ作品、Dreamtheater『Forsaken』、Perfume『ポリリズム』・『love the world』、SUZUKI『BURGMAN』WEBコンテンツ等に参加。


その他、多数のアーティストが縄文インスピレーション作品を出品します。
また、多摩美術大学太田幸夫教授の監修により多摩美術大学の学生が縄文をテーマに作品を制作。
日本人の心の奥にある縄文的な美意識を伝えます。
 


「とことん青森2010」青森×原宿表参道イベント
お祭り工房&イルミネーションウォール
青森ご当地グルメ屋台村
とことん青森学講座
表参道冬ねぶた
■縄文×jomonismArt展
とことん青森交流広場
とことん青森ギャラリー
とことん青森カフェ&レストラン
 

 

 


 

とことん青森2010トップへ戻る

このページのトップ