TOP> じゃっぱ汁で新年会

青森県文化観光大使の砂生です。

青森の郷土料理である“鱈のじゃっぱ汁(じゃっぱ汁・・・魚を下ろしたときに残る内臓や骨などと野菜を煮込んだあら汁)”で新年会を行いました。

社内の腕自慢の社員に調理してもらいますが、やはり肝心なのは良い材料の仕入れ。アウガ地下の魚屋さんで青森の冬を代表する魚・鱈を購入し、店のおばちゃんにその場でさばいてもらいました。





今回のじゃっぱ汁は、内臓や骨などのあらと大根、ねぎ、木綿豆腐を入れ味噌で仕上げましたが、だしを入れなくても肝とあらからコクと旨みが溶け出し、生臭みもなく味は絶品。


大きめの寸胴鍋で作りましたが、ぺろりと食べてしまいました。



鱈は新鮮なので身は昆布じめに。昆布じめは、こりっと身がしまって昆布のほのかな香りと甘みがあってとてもおいしくいただけました。(写真右側。この時期のイカ、タコもおすすめです。)




今回購入できた鱈は雌でしたので、青森でお正月の定番料理“人参の子和え”も作りました。




冬場の旬の食材を使った郷土料理を堪能したい方は、是非青森へお越しください。

関連キーワード
じゃっぱ汁 鱈 冬 子和え 
  • イメージギャラリー
  • 投稿情報

リンク

  • 青森のうまいものたち
  • 青森県伝統芸能データベース
  • FDA フジドリームエアラインズ
  • 乗っちゃ王国
  • プリンセスクルーズ
  • 青森県観光物産館アスパム
  • おもてなし外国語会話
  • リゾートあすなろ
  • いくべぇの活動日記
  • 青森交通情報
  • 青天の霹靂
  • 東北観光フリーパス
  • 奥津軽いまべつ駅 ~津軽中里間バス
  • いいね!あおもり
  • 青森県・函館デスティネーションキャンペーン
  • 青森への旅の予約
  • AOMORI CYCLING
  • あおもり笑顔のおもてなしキャンペーン
  • 青森県旅館ホテル生活衛生同業組合
  • 青森県立美術館
  • 世界自然遺産白神山地ブナの学校
  • 青森県地場セレクトブログ
  • 青森県の暮らしぶりを訪ねる旅
  • 青森いきなり!タクシー旅 コース3