TOP観光施設>恐山霊場
恐山霊場 おそれざんれいじょう
市町村:むつ市

恐山は、今をさかのぼること千百余年前、貞観4年(862年)に、天台宗の慈覚大師により霊山として開山されたと伝えられています。
この開山のきっかけとなったのは、慈覚大師が唐で修行中の頃、夢枕に立った高僧のお告げによると言われています。その高僧は慈覚大師に次のように語りました。
「汝、国に帰り、東方行程三十余日の所に至れば霊山あり。地蔵尊一体を刻し、その地に仏道をひろめよ。」
帰国した慈覚大師は、お告げに従い、本州最北の地を目指したのです。
険しく厳しい道のりをひたすら歩き続け、辛苦の末にたどり着いたその場所は、まさしく探し求めてきた霊山。
むき出しの岩肌、あちらこちらの硫気孔から立ち上る蒸気、深く澄みわたる宇曽利山湖。そして、沸々と湧き出す温泉。おそらく慈覚大師の目には、この様子が極楽とも地獄とも思える光景に映ったことでしょう。
ほどなくして大師は、地蔵堂を建立、地蔵尊をまつり、修行に励んだとされています。
別名「宇曽利山」とも呼ばれている恐山は、高野山、比叡山と並び、日本三大霊山に数えられています。
その山を形成しているのは、宇曽利山湖を取り囲むようにそびえる、鶏頭・地蔵・剣・大尽・小尽・北国・屏風・釜臥と呼ばれる8つの外輪山。その姿は蓮華八葉(れんげはちよう)の姿を表すと言われています。
ところどころ硫黄泉が湧出し、亜硫酸ガスで岩肌が焼けて、この世の風景とは思えないような幻想的な地形に、ある者は地獄を想い、ある者は極楽を想う、その不思議な想いに浸ってしまうのです。
血の池地獄、重罪地獄、地獄谷、賽の河原、極楽浜、三途の川と名付けられた礼状は四季折々に色を変える宇曽利山湖の湖面と異様なまでにマッチした美しさがあります。
住所
青森県むつ市田名部宇曽利山3-2
TEL
0175-22-3825
お問い合わせ
恐山寺務所 0175-22-3825
まつり
恐山大祭 7月20日~24日
恐山秋詣り 10月8日~10日(体育の日を最終日とする土・日・月曜日)
年二回の大祭には、全国各地から大勢の参詣者で賑わいます。中でも「イタコの口寄せ」は、死者の霊を呼び起こし、故人と今、現実に逢ってでもいるのかのように対話できる不思議な世界を体験できます。
イタコの口寄せ
イタコは、生まれながらに盲目であったり、幼少期に視力を失ってしまった女性が、修行によって能力を備えた霊媒師のことをいいます。修行後神おろしの儀式を経て、神の花嫁となりイタコと呼ばれます。
恐山には、夏と秋の2大大祭があります。昔から「大祭の日に地蔵を祈れば、亡くなった人の苦難を救う。」と伝えられており、全国から集まった大勢の人々でにぎわいます。2大大祭には、多くのイタコが集まり、亡き死者の霊をこの世に呼び戻す「口寄せ」が行われます。
開山
5月1日~11月上旬
交通アクセス
・JR下北駅より車で約40分。
冬期休業期間
10月31日~4月
関連キーワード
恐山 慈覚大師 イタコ 天台宗 冬期休業

周辺の観光情報(同カテゴリ)

周辺の観光情報(他のカテゴリ)


  • イメージギャラリー
  • 投稿情報

リンク

  • 青森のうまいものたち
  • 青森県伝統芸能データベース
  • FDA フジドリームエアラインズ
  • 乗っちゃ王国
  • プリンセスクルーズ
  • 青森県観光物産館アスパム
  • おもてなし外国語会話
  • リゾートあすなろ
  • いくべぇの活動日記
  • 青森交通情報
  • 青天の霹靂
  • 東北観光フリーパス
  • 奥津軽いまべつ駅 ~津軽中里間バス
  • いいね!あおもり
  • 青森県・函館デスティネーションキャンペーン
  • 青森への旅の予約
  • AOMORI CYCLING
  • あおもり笑顔のおもてなしキャンペーン
  • 青森県旅館ホテル生活衛生同業組合